HANAUTA

ハナウタがでるくらいのワクワクを♪ アプリ開発会社のハナウタです

証明書の更新|Your Apple Push Notification Service Certificate will expire in 30 days.



Your Apple Push Notification Service Certificate will expire in 30 days.
Dear ******, This certificate will no longer be valid in 30 days. To create a new certificate, visit Certificates, Identifiers & Profiles in Member Center. Certificate: Apple Push Notification Service Certificate Identifier: ****** Team Name: ****** To learn more about expired certificates, visit the certificates support page. Best regards, Apple Developer Program Support


このようなメールが届きました。

これは、プッシュ通知のための証明書の期限があと30日で切れますよーというお知らせです。 ここ↓で確認できます。

AppleMemberCenter > Certificates, Identifiers & Profiles > Certificates

プッシュ通知を使っていないなら、スルーでいいと思います。 まだ使う予定があれば、更新をしましょう。

プッシュ通知を送信するときに、プッシュ通知用サーバがこの証明書(アプリごと)と一緒にAppleへ送信するわけです。 そして、その証明書の期限が1年間なんですね。 なので、今後もそのアプリに対してプッシュ通知を行う予定があるなら、更新しましょう。

AppleMemberCenter > Certificates, Identifiers & Profiles > Identifiers > App IDs

ここから、

①対象のアプリを選んで「Edit」 ②「Push Notifications」の項目で、「Revoke」  (Development SSL Certificate と Production SSL Certificate の2種類あります。テスト用と本番用ですね。) ③「Create Certificate」で新しく作る ④それをダウンロードする ⑤ダウンロードした証明書をプッシュ通知用のサーバに設定する

以上です。

それでわ★