HANAUTA Inc.

ハナウタがでるくらいのワクワクを♪ アプリ開発会社のハナウタです

Wi-Fiが遅い時にDNSを「1.1.1.1」に設定すると高速化できる!?

 

Wi-Fi設定のここを1.1.1.1にしたら速くなるかもよ

iOSの場合

wi-fiのDSNを1.1.1.1

wi-fiのDSNを1.1.1.1

 

Wi-Fiが遅い!!

よくありますね。

特に弊社は渋谷の雑居ビル密集地帯にあるので、色々な人の色々なWi-Fiが飛んでます。

Wi-Fiを探そうとすると、常時50くらいは候補に出てきます。

そうなると、大変なのが混線問題。

5GHzであればまだマシなんですが、2.4GHzだと結構遅め。

 

 

 

しかも数十台のテスト用スマホがあるので、台数も結構多め。

どうしよう...

 

DNS設定を変えてみよう

DNSっていうのが

Domain:ドメイン

Name:名前

System:解決

の略。

 

例えばYahoo!にアクセスするとき、http://yahoo.co.jp っていうアドレスにアクセスするけど、実際はヤフー社のサーバーの中にコンテンツがあって、そのサーバーにはインターネット回線が引いてある(繋がってる)。

そのインターネット回線に「IPアドレス」という「ネット回線の住所」みたいなのが割当てられてる。

 

「IPアドレス」はインターネットを使うなら誰でも必要なネット上の住所ね。

意識してないかもしれないけど、みんなそれが割り振られている。

自分の家に番地が振られているから手紙が届くように、ネット回線にも住所がちゃんと割り振られてる。

だからヤフー社のサーバーに繋がってるIPアドレスが仮に 183.79.135.206 だったら、本当は「http://183.79.135.206」へアクセスするのが正しいわけ。

(↑この記事を書いてる時点では合ってるからリンク押してみて、ヤフーが出るよ)

 

でもそれは面倒だし、誰も覚えてくれないから、「yahoo.co.jp」ってブラウザのURL部分に入力したら 「183.79.135.206」にアクセスしようって紐付けるの。

それが「名前解決(DNS)」っていう方法。

 

どのDNSを使うかは自由

通常は「自動」になってたり、使っているネット回線がデフォルトで決めているので、それを使っているかもしれない。

でも世の中には公共のDNSサービスがあるので、それを使ってみるのもアリかもしれない。

※これで必ず速くなるとは限らないので、あしからず!!(そもそも遅いとか、スペック低いとかね)

 

色々なDNSサービス

例えば、

Googleが提供しているのは「8.8.8.8」「8.8.4.4」

Ciscoが提供しているのは、「208.67.222.123「208.67.220.123」

IBMなどが提供しているのは「9.9.9.9」

そして今回紹介しているのはCloudflareが提供している「1.1.1.1」

なんで紹介したかっていうと、めちゃくちゃ覚えやすいから。

 

 

 

色々試してみるのも良いかもしれませんね!!!